3分Biz.
ニュース
» 2021年07月14日 15時20分 公開

ローソン、タンブラーを持参するとコーヒー39円引き プラ削減が狙いセルフマシンは対象外

ローソンがタンブラーを持参した顧客に対して39円引きを実施すると発表した。店内で入れたてのコーヒーを提供する「MACHI cafe(マチカフェ)」を導入している店舗が対象(セルフマシンは除く)。プラスチック削減が狙い。

[ITmedia]

 ローソンは7月14日、全国のローソン店舗のうち約7500店舗でタンブラーを持参した顧客を対象に、コーヒーを39円引きで提供すると発表した。プラスチック削減が狙い。

プラスチック削減を推進

 ローソンは店内で入れたてのコーヒーを提供する「MACHI cafe(マチカフェ)」を展開している。今回の割引は、顧客が自分で操作するコーヒーのセルフマシンではなく、店員がレジ内のマシンでコーヒーを提供する際に適用される。

 期間は7月20日〜8月30日で、コーヒーとカフェラテ(ホットとアイス)のS・M・Lサイズが対象(メガサイズは除く)。

割引の概要(出所:リリース)

 今回の取り組みを通してコーヒーのリッド(蓋)に使用するプラスチックを、期間中に6.4トン削減できるとしている。

 ローソンでは、2011年にマチカフェを導入した当時から、タンブラーを持参した顧客に対して10円引きをしていたが、認知度はそれほど高くなかった。昨今、プラ削減の機運が高まったため「タンブラーを持参したお客さまに割引をしていることを知ってもらいたい」(広報担当者)という狙いもあるという。

 同社は30年に17年度比で容器包装プラスチックの使用量を30%削減することを目標にしている。

マチカフェで提供しているコーヒーの一例(出所:ローソン公式Webサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -