3分Biz.
ニュース
» 2021年08月27日 16時10分 公開

日産自動車、軽クラスの電気自動車を2022年初頭に発売三菱自動車との共同プロジェクト

日産自動車は、軽クラスの電気自動車を2022年初頭に発売すると発表した。どのような特徴があるのだろうか?

[ITmedia]

 日産自動車は、三菱自動車との共同プロジェクトとしてNMKV(日産と三菱自動車のジョイントベンチャー)で企画・開発を進めている新型の軽クラスの電気自動車(以下、EV)を、2022年度初頭に日本国内で発売すると発表した。実質購入価格は約200万円から。

NMKVが取り組む(画像:NMKV公式Webページ)

 同社は、軽EVについて「軽の概念を覆すEVならではの力強い加速、滑らかな走り、そして高い静粛性を兼ね備えるモデル」と説明する。運転支援技術をはじめ、さまざまな先進技術を搭載する予定だという。

 本モデルは、バッテリーの総電力量が20キロワットアワーとなっており、日常で安心して使用できる航続距離を確保するとともに、EVバッテリーに蓄えた電気を自宅へ給電できるようにした。。

EVから自宅への給電もできるようにした(画像:ゲッティイメージズ)

 同社はこれまでに電気自動車の「日産リーフ」を全世界で50万台以上、日本国内では15万台以上を販売している。今後も、30年代早期より主要市場で投入する新型車を全てEVなどの電動車両にすることを目指し、取り組んでいくとした。

日産リーフ ※新商品の軽EVではありません(画像:ゲッティイメージズ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -