インタビュー
» 2021年09月21日 12時40分 公開

「ごめん、売り切れたみたい」 5時間で完売したシャープの立体型マスクは何がすごいのか?秘密は「快適性」と「見た目」(1/2 ページ)

シャープが発売した「クリスタルマスク」が発売5時間で売り切れて、現在も品薄状態続いている。一時は高騰していたマスク市場も落ち着きを取り戻し、マスク需要も落ち着きを見せていたが、なぜここまで売れているのだろうか?

[熊谷紗希,ITmedia]

 2020年〜21年にかけて、新型コロナウイルス関連の市場が大きく伸びた。「マスク」市場もその一つだ。調査会社の富士経済(東京都中央区)が20年11月に発表した調査によると、20年の家庭用マスクの市場規模は5020億円の見込み(販売金額ベース)だという。19年が415億円だったため、約12倍だ。

 需要の急増に伴い、マスクメーカー以外の異業種からも参入が相次いだ。アパレル大手のユニクロやスポーツメーカーなど、商機を見いだした企業が独自の強みを生かしたマスク販売に乗り出した。シャープの「クリスタルマスク」もその一つだ。

シャープが発売した「クリスタルマスク」、品薄状態が続いている(画像:以下、リリースより)

 同社の公式Twitterが「ごめん、売り切れたみたい」と投稿したのは、クリスタルマスク発売からわずか5時間後だった。各社の生産体制強化に伴い、マスクが品薄になる可能性は低そうだが、なぜこんなにも売れたのだろうか?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -