3分Biz.
ニュース
» 2021年10月15日 13時10分 公開

今年のハロウィーン「参加予定」は11.2%、否定的な理由は?前年と比べて(2/2 ページ)

[秋月かほ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「ハロウィーン」に肯定的な理由

 ハロウィーンに対して肯定的な人にその理由を尋ねたところ、1位は「本来の意味と違っても日本風に楽しめば良い」(37.1%)、2位は「子どものためのお祭りとして良い」(34.2%)、3位は「自分は仮装しないが、楽しくて良い」(28.2%)となり、昨年3位だった「経済効果がある」は4位に後退した。

「ハロウィーン」に肯定的な理由 「ハロウィーン」に肯定的な理由

 性年代別でみると、20〜30代男性で「息抜き、ストレス解消になる」「たまにはめを外す機会として良い」「男女の出会いの場として良い」「積極的に仮装して参加して楽しみたい」などの回答が多く、世代差や男女差が大きい結果となった。

 ハロウィーンに否定的な人にその理由を尋ねたところ、1位は「新型コロナウイルス感染症の感染拡大につながりそう」(49.5%)、2位は「自分には関係がないように思う」(42.1%)、3位は「何かと理由をつけて騒ぐのは良くない」(36.9%)となり、前年と比較すると1位と2位が逆転する結果となった。

「ハロウィーン」に否定的な理由 「ハロウィーン」に否定的な理由

 性年代別では、20〜30代女性で「新型コロナ感染症の感染拡大につながりそう」が高く、女性の若年層はハロウィーンに参加予定と回答した人が多い一方で、新型コロナの感染拡大を懸念している人も多い傾向が見られた。

 当調査はインターネットを利用し、7月21日〜8月2日の事前調査の後、9月1〜9月13日に本調査を行った。事前調査は首都圏、関西圏、東海圏に住む20〜69歳の男女から得た3万3581件の回答を、本調査は1万146件の回答を元に集計した。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -