3分Biz.
ニュース
» 2021年10月26日 18時00分 公開

JR、新幹線・特急列車のグリーン料金などを値上げ

JR東日本と西日本は各新幹線と特急列車の特別車両の値上げを発表した。適用は2022年春からを予定している。

[ITmedia]

 東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)と西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)は、東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線とJR東日本管内の特急列車の特別車両(グリーン車、グランクラス、プレミアムグリーン)に適用しているグリーン料金・グランクラス料金の値上げを発表した。実施は2022年春からを予定している。

JR東日本とJR西日本は値上げを発表した(出所:以下リリース)

 各新幹線のグリーン料金は営業100キロメートルまでで1050円だったのが1300円に、701キロメートル以上は5240円から6600円に値上げする。

各新幹線のグリーン料金改定表

 グランクラス(飲料・軽食あり)は営業100キロメートルまでで6290円だったのが6540円に、701キロメートル以上で1万480円が1万1840円に変更される。加えて、飲料・軽食なしのグランクラスの料金も改定予定だ。

グランクラスの料金改定表

 東京〜伊豆間を運行する観光特急列車「サフィール踊り子」はプレミアムグリーンのグリーン料金が、営業100キロメートルまでで2550円だったのを2800円、営業200キロメートルまで3600円だったのが4300円になる予定だ。また、グリーン個室のグリーン料金も改定される。

「サフィール踊り子」の料金改定表

 JR東日本とJR西日本は、値上げについて「現行の料金は、JR東日本が2002年の東北新幹線八戸開業時に利用促進を目的に値下げを行ったものをベースとしています。このたび、一部の営業キロ帯を除き、JR6社共通のグリーン料金(JR各社にまたがる場合のグリーン料金)と同等の水準に改定します。また、グランクラス料金と、サフィール踊り子のグリーン料金についてもベースとなるグリーン料金が変更となることから改定します」と説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -