ニュース
» 2021年10月29日 14時54分 公開

キャッシュレス決済対応の指輪型端末「EVERING」が目指す世界とは? 販売元の津村直樹COOに聞く3分インタビュー(1/3 ページ)

決済機能を搭載した指輪型端末「EVERING」(エブリング)の特徴や今後の展望について、販売元の津村直樹COOに聞いた。

[樋口隆充,ITmedia]

3分インタビュー:

 「SNSで話題のあの商品はどうやって開発したの?」「なぜこの会社はこんな取り組みを進めているの?」ちょっと気になっていた企業の“なぜ”をコンパクトに紹介します。

 サービスや製品に込めた思いや苦労話など、担当者にしか分からない「裏側」を徹底取材。仕事が忙しくて、じっくりと情報を得ることができない人でも読めるよう、できるだけ簡潔にまとめています。テレワーク中の息抜きや移動時間、就寝前に「3分インタビュー」でサクッと情報収集!

記事一覧はこちら


 スマートフォンやスマートウォッチなどキャッシュレス決済に対応した端末が続々と登場する中、次の主役は「指輪」になるかもしれない。

 その名は「EVERING」(エブリング)。決済機能を搭載した指輪型のウェアラブルデバイスで、5月に数量限定で発売した初回販売分の3000個は、即日完売するなどの反響を見せた。10月からは一般販売を開始し、11月からは新色「ホワイト」の販売を始める。

photo 指輪型端末「EVERING」。11月には新色「ホワイト」を発売予定

 エブリングはVisaのタッチ決済に対応した端末。クレジットカードの代わりに指輪を読み取り機にかざせば、決済が可能になる。専用のスマホアプリから、VisaやMastercard、JCBなど各ブランドのクレジットカードを登録してチャージするプリペイドカード型で、充電も不要。素材には、金属アレルギーのユーザーでも使用できるよう、人工関節や歯の治療に使われる「ジルコニアセラミック」を使用し、5気圧防水を備えている。

photo EVERINGの特長

 製品名は「全てのもの(everything)につながるリング」というものに由来する。決済機能だけでなく、将来的にはスマートロックのキーにしたり、スタジアムなどのチケットを搭載したりと、エブリング1つで生活できる世界を目指す。

 端末を開発したのは、美容用品「ReFa」(リファ)ブランドを手掛けるMTG(名古屋市中村区)の傘下、英McLEAR(マクレア)という企業。英国と豪州でも販売しており、アジア唯一の販売国である日本に対しては、製品名と同名のEVERING(東京都中央区)が輸入・販売を担当している。

 同社の共同経営者である津村直樹COOに、エブリングの特徴や今後の展望を聞いた。

photo 津村直樹COO
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -