ニュース
» 2021年11月06日 08時00分 公開

四国エリアの「住み続けたい街」ランキング 3位「愛媛県伊予市」、2位「香川県三木町」、1位は?(1/2 ページ)

大東建託は、四国エリアに住む成人男女累計1万2554人の回答を集計し、各ランキングを作成した。

[秋月かほ,ITmedia]

 大東建託は四国エリア(徳島県・香川県・愛媛県・高知県)に住む成人を対象に、居住満足度調査を実施した。その結果「住み続けたい街ランキング」の1位は「徳島県鳴門市」、2位は「香川県三木町」、3位は「愛媛県伊予市」だった。

photo 鳴門の渦潮(写真ACより)

住み続けたい街ランキング

 2021年の<四国版>住み続けたい街ランキングTOP10 2021年の<四国版>住み続けたい街ランキングTOP10

 住み続けたい街ランキングの1位は県北東端に位置し、鳴門海峡の渦潮が有名な「徳島県鳴門市」だった。同市は鳴門海峡を隔てて淡路島に対峙しており、本州と四国を結ぶ“四国の玄関口”になっている。

 2位は香川県の県庁所在地である高松市のベッドタウン「香川県三木町」、3位は水産加工品やかんきつ類を特産とする「愛媛県伊予市」だった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -