3分Biz.
ニュース
» 2021年11月12日 18時14分 公開

使用済み紙おむつをリサイクル 凸版印刷など4社が都内で実証実験

凸版印刷など4社は、家庭ゴミとして出た使用済み紙おむつのリサイクル事業の実現に向けた実証実験を、東京都内で始めると発表した。回収コストなども試算し、事業化可能か検証する。

[ITmedia]

 凸版印刷は11月12日、家庭用廃棄物の処理などを手掛ける白井グループ(東京都足立区)など3社と、家庭ゴミとして出た使用済み紙おむつのリサイクル事業の実現に向けた実証実験を、東京都内で始めると発表した。回収コストなども試算し、事業化の可能性を検証する。

photo 凸版印刷の本社(出典:同社公式Webサイト)

 東京都八王子市と町田市で、使用済み紙おむつを分別回収し、紙おむつに使用されているパルプとプラスチックをリサイクルできるか検証。パルプは外壁材や内装材などの建築資材の原料に、プラスチックは紙おむつの回収袋や回収箱に、それぞれ再利用する。

 また、回収コストに加え、AIを使った効率的な回収ルート、リサイクル時に発生する排水処理についても検証する。

photo 実証実験のフロー

 実験に参加するのは、白井グループの他、下水処理のプラント設計などを手掛ける住友重機械エンバイロメント(東京都品川区)、使用済み紙おむつの水溶化処理事業を手掛けるトータルケア・システム(福岡市博多区)の計4社。凸版印刷が実験全体のマネジメントを担い、3社はそれぞれの事業分野で培ったノウハウを提供する。

 トータルケアによると、使用済紙おむつを焼却せずにリサイクルすることで二酸化炭素(CO2)排出量を約37%削減することができるという。凸版印刷などは、2022年3月に回収した紙おむつの再利用を始める予定だ。

photo プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -