ニュース
» 2021年11月26日 10時36分 公開

「パンダ」が食べずに捨てていた竹を活用 アサヒビールとパナソニック、「パンダバンブータンブラー」開発環境負荷低減

アサヒビールは、パンダが食べずに廃棄していた竹を活用した「パンダバンブータンブラー」を開発した。環境負荷低減施策の一環。

[ITmedia]

 アサヒビールは11月26日、パンダが食べずに廃棄していた竹を活用した「パンダバンブータンブラー」を開発したと発表した。地域と連携して環境負荷低減を目指す。

捨てていた竹を活用(画像はイメージ)

 このタンブラーは、テーマパーク「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)や、同施設のSDGsパートナーであるおもろいカンパニー(東京都港区)と協力して開発した。アドベンチャーワールドで飼育しているパンダが食べずに廃棄していた竹を活用する。タンブラーの主原料としてこの竹を55%使用した。12月2日から、同施設内のショップと公式オンラインショップで販売を開始する。

開発したタンブラー(出所:リリース、以下同)

 今回の取り組みはアドベンチャーワールドが取り組む「パンダバンブープロジェクト」の一環。アサヒビールはもともと、パナソニックと共同開発したリユースカップ「森のタンブラー」を活用して、環境負荷低減につながる取り組みをしてきた。森のタンブラーの特長や製造技術を活用し、今回のアドベンチャーワールドの取り組みを後押ししていくとしている。

開発したタンブラー
これまでのタンブラー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -