3分Biz.
ニュース
» 2021年11月30日 10時10分 公開

相鉄系ホテル、「鉄道コンセプトルーム」販売 相鉄線の認知度向上を図る相鉄フレッサイン 横浜駅東口

相鉄ホテルマネジメントが、運転台やグッズ、写真などを設置した「相鉄線今昔 鉄道コンセプトルーム」の予約を開始する。

[ITmedia]

 相鉄ホテルマネジメント(横浜市)が、12月1日から「相鉄フレッサイン 横浜駅東口」(横浜市)で、運転台やグッズ、写真などを設置した「相鉄線今昔 鉄道コンセプトルーム」の予約を開始する。2022年度下期に「相鉄・東急直通線」の開業を予定する相鉄線の認知度向上を図る。

相鉄 「相鉄フレッサイン 京都四条烏丸」の客室の様子(出所:プレスリリース)

 コンセプトルームには、7000系の運転台から取り外した各種部品や、実際に使用していた電車銘板、大型ヘッドマークなどで雰囲気を再現した運転台を設置。その他、横浜駅の昔の写真やポスターに加え、直通線で使用する新型車両の写真なども展示する。横浜駅や相鉄線の歴史を楽しめるようにした。

 また、コンセプトルーム専用の備品として、相鉄キャラクター「そうにゃん」のラッピング電車で使用している「そうにゃんシート」の生地で作成したベッドスローやクッションなどを用意。鉄道ファンの他、観光やビジネス、家族での利用を想定する。

相鉄 実際に使われていた機材を使って運転台の雰囲気を演出(出所:プレスリリース)

 宿泊対象期間は12月11日〜2022年12月10日。客室タイプは、ダブルルームとハリウッドツインルームの間が内側のドアでつながっている「コネクティングルーム」で、価格は1室7万6000円。当面の間、キャンペーン価格として、1室1万2000円で販売する。

相鉄相鉄 左から相鉄12000系(JR 線直通用)、相鉄21000系(東急目黒線直通用)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -