3分Biz.
ニュース
» 2021年07月07日 12時30分 公開

相鉄系ホテル、「運転台」や「シート」を配したコンセプトルーム発売沿線外での認知度向上

相鉄ホテルマネジメントは7月6日、相模鉄道の運転台やグッズなどを設置した「鉄道コンセプトルーム」を発売すると発表した。

[ITmedia]

 相鉄グループの相鉄ホテルマネジメント(横浜市)は7月6日、運営する「相鉄フレッサイン 京都四条烏丸」(京都市)で、相模鉄道の運転台やグッズなどを設置した「鉄道コンセプトルーム」を発売すると発表した。7月12日から予約を開始する。沿線外のホテルでコンセプトルームを展開し、相鉄線の認知度向上を図る狙い。

相模鉄道 相鉄フレッサイン 京都四条烏丸×相模鉄道「鉄道コンセプトルーム」(出所:プレスリリース)

 コンセプトルームには、ダブルルームとデラックスツインルームの「コネクティングルーム」を使用。2018年まで相鉄線を走行していた、相鉄7000系から取り外した部品を設置して運転台の雰囲気を再現するほか、相鉄8000系の旧クロスシートや使用したヘッドマーク、行先標などを設置する。

相鉄 使用していた運転台やクロスシートを設置(出所:プレスリリース)

 また、コンセプトルーム専用の備品として、相鉄キャラクターのラッピング電車「そうにゃんトレイン」に使用しているシートの生地で作成したベッドスローやクッション、そうにゃんをデザインしたマグカップなどを用意した。

京都 鉄道グッズを設置(出所:プレスリリース)

 宿泊対象期間は7月17日〜22年8月31日。1日1室限定で、価格は1室3万6000円。当面の間キャンペーン価格として、1室1万2000円で販売する。予約は7月12日から同ホテルの公式Webサイトで開始する。

 コロナ禍で、旅行やイベントへの参加が制限される中、鉄道系のホテルを中心にコンセプトルームの展開が相次いでいる。

 京阪ホテルズ&リゾーツが運営する「京都タワーホテル」(京都市)では、京福電気鉄道(同市)とコラボした「嵐電トレインルーム」を6月から販売。使用していた中吊り広告やつり革などの車両部品、記念乗車券や記念プレートなど展示している。

京阪 京都タワーホテル × 嵐電 「嵐電トレインルーム」(出所:プレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -