3分Biz.
ニュース
» 2021年12月14日 08時21分 公開

通天閣にタワースライダー! 3階から地下1階まで、全長60メートル2022年にオープン

通天閣観光、竹中工務店、タンデムの3社は、大阪の通天閣に体験型アトラクション「TOWER SLIDER(タワースライダー)」を設置すると発表した。

[ITmedia]

 通天閣観光、竹中工務店、タンデムの3社は、大阪の通天閣に体験型アトラクション「TOWER SLIDER(タワースライダー)」を設置すると発表した。タワースライダーは、通天閣3階の中間展望台から地下1階の帰り口まで、スパイラル状に滑り降りる全長60メートルの滑り台。これまでになかった滑り台を設置することで、地元経済の起爆剤にしたいという。

通天閣に体験型アトラクション「TOWER SLIDER」

 「これまでの景色をみるだけの観光施設ではなく、アトラクション的要素を新しく導入し、通天閣をより楽しく、刺激的に体感できる施設へとリニューアルする」(通天閣観光)という。試験運用期間を経て、2022年のゴールデンウィークごろのオープンを予定している。

通天閣を見上げながらの滑降を可能とした

 タワースライダーは通天閣3階(地上22メートル)から、EV塔の外周を周回(1回転半)して地下1階(地上−4.5メートル)まで、約10秒で滑り降りる(斜度約30度)ことができる。乗り口に支柱を上下に配することで、地震などの災害時でも安全に利用できる構造とし、免震型滑り台とした。スロープ部分の天井に透明の遮熱ポリカーボネート板を使用することで、通天閣を見上げながらの滑降を可能としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -