金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年12月15日 14時00分 公開

コインチェック、メタバースの土地「LAND」を販売 総額5億円超

コインチェックはメタバース内の「土地」をNFTとして374個、12月21日から販売すると発表した。メタバースブームに伴い、NFTとして取引される土地の価格は著しく上昇しており、「需要が急増」(コインチェック)している。

[斎藤健二,ITmedia]

 コインチェックはメタバース内の「土地」をNFTとして374個、12月21日から販売すると発表した。メタバースブームに伴い、NFTとして取引される土地の価格は著しく上昇しており、「需要が急増」(コインチェック)している。

 この土地はブロックチェーンを使ったメタバース「The Sandbox」内にあり、「LAND」と呼ばれる。全世界で4000万ダウンロードされている人気ゲームであり、直近では1週間で約98億円もの土地が売買された。

 コインチェックが販売するのは、同社が保有するLAND、374個。価格は3.0〜4.5ETHとなっており、直近のイーサリアム価格から計算すると、総額は4億8800万〜7億円相当となる。

コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」で販売されているLAND

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -