ニュース
» 2021年12月20日 15時30分 公開

キャンプで感じるストレス 2位は「ごみ問題」、1位は?男女2000人に聞いた

アウトドア総合情報サイト「TAKIBI」を運営するフォーイット(東京都渋谷区)が、キャンプに関する調査を実施した。キャンプ中に感じるストレスや、防犯対策について聞いた。

[ITmedia]

 キャンプ中に感じるストレス1位は「トイレの汚れ」(24%)――そんな結果が、アウトドア総合情報サイト「TAKIBI」を運営するフォーイット(東京都渋谷区)の調査で分かった。

キャンプのストレスと防犯に関する調査

 ストレスの2位は「ごみ問題(ごみが放置されている)」(21%)、3位は「トイレの数」(13%)という結果に。同社は「トイレの数が少ない広大なキャンプ場だと移動に時間がかかるため、ストレスに感じるのかもしれない」と分析する。

キャンプでストレスを感じること(出所:「TAKIBI」のリリース、以下同)

 キャンプで防犯対策をしているか尋ねると、「している」が41%、「していない」が59%という結果に。フォーイットによると「キャンプ道具や貴重品を狙った盗難被害は増加傾向にある」という。

キャンプで防犯対策をしているか

 「防犯対策をしている」と回答した人は、具体的にどのようなことをしているのか。最も多かったのは「テントに鍵をかける」(23%)で、「ブザーや笛など、音で知らせる」(21%)、「貴重品は常に身に付けておく、目の届かない場所に置かない」(17%)と続いた。その他の防犯対策としては、「防犯カメラを付ける」「人感センサー・ライトを設置する」「テント内のライトを常時点灯しておく」「余分な貴重品を持っていかない」といった回答が寄せられた。

具体的な防犯対策

 今回の調査は、11月18日にインターネット上で実施した。調査対象者は18〜65歳の男女で、2000人から回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -