3分Biz.
ニュース
» 2021年12月25日 09時00分 公開

「社長の住む街」ランキング 3位「六本木」、2位「西新宿」、1位は?港区住民の7人に1人が社長(1/2 ページ)

東京商工リサーチが2021年版「社長の住む街」をランキング化。コロナ禍でトップになったのは……?

[熊谷ショウコ,ITmedia]

 東京商工リサーチが、企業データベースから「社長の最も多く住む街」を算出した。その結果、1位は2020年に続き東京都港区赤坂。2位以下も港区の街が多くランクインしており、同区住民の7人に1人が社長の“社長だらけ”の区であることが分かった。

港区住人の7人に1人が社長(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

「社長の住む街」人気エリアの特徴は

 全国約400万社の社長のうち3739人が住む赤坂は、都市型の商業施設や著名な飲食店も多い人気のエリア。米国大使館など各国大使館も点在し、大使館員や外資系企業の駐在員も多く住んでいる。

 2位は、東京都新宿区西新宿の3079人。新宿駅の西側で、都庁をはじめ高層ビルがそびえ立ち、百貨店や家電量販店などの大型商業施設も隣接しにぎわっている。3位は、東京都港区六本木の2960人。4位には前回5位の東京都港区南青山が、前回4位の東京都渋谷区代々木と入れ替わった。

社長の住む街ランキング(町村ベース)

 7位には、4人の僅差で東京都新宿区新宿が浮上した。1日あたりの乗降客数が世界一の新宿駅東側に面し、駅西側と同様に国内有数の商業地域だが、駅から離れると住居エリアが広がる。

 8位にダウンした港区芝浦は、前々回の13位から前回7位に急上昇した勢いを保っている。かつての工場エリアは再開発で大きく変わり、東京湾の夜景を望むタワーマンションやオフィスビルが建ち並ぶ。

 湾岸エリアでは、前々回27位から前回13位を経て11位に上昇した江東区豊洲(2340人)も人気を集めている。東京駅や銀座エリアに近く、タワーマンションが林立。公園や病院、学校、商業施設の充実が進み、21年開催の東京五輪関連施設も近い。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -