メディア
3分Biz.
ニュース
» 2022年01月14日 15時41分 公開

ビックカメラ、ライブコマースに参入 SHOWROOMと資本業務提携

ビックカメラはライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」を運営するSHOWROOMと資本業務提携を結んだと発表した。コロナ禍で実店舗での売り上げが伸び悩む中、ライブ配信で商品を販売する「ライブコマース」に参入し、新たな顧客層の獲得を図る。

[ITmedia]

 ビックカメラは1月14日、ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」を運営するSHOWROOM(ショールーム、東京都渋谷区)と資本業務提携を結んだと発表した。コロナ禍で実店舗での売り上げが伸び悩む中、ライブ配信で商品を販売する「ライブコマース」に参入し、新たな顧客層の獲得を図る。

photo ビックカメラの店舗(出典:同社公式Webサイト)

 コロナ禍での外出自粛に伴い、インターネットで商品を購入する「Eコマース」が伸長する一方で、同社は「ビックカメラの都心型店舗は苦戦を強いられている」と現状を説明。「体験して楽しめる『コト消費』が今後ますます求められるであろうことから、店舗においてもネットにおいても、その魅力度の向上が弊社の大きな課題」とし、課題解決のためショールームとの業務提携を決めた。

 これまで同社は、YouTubeなどでの商品紹介はしていたものの、ライブコマースには参入していなかった。ショールーム上でのライブコマース事業では、ビックカメラの販売員やバイヤーがそれぞれの専門性を生かした商品紹介をしつつ、視聴者からの質問にリアルタイムで対応。実店舗で商品を購入しているかのような購買体験を提供する。将来的にはライブコマース専門の配信者「コマースライバー」の育成も目指す。

photo 「SHOWROOM」の配信画面のイメージ図(出典:同社公式Webサイト)

 同社が2021年7月に設立した、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)「ビックイノベーションキャピタル」を通じて、ショールームから第三者割当増資を受ける。出資額と出資比率は非公表だが、日本経済新聞はそれぞれ数億円、1割前後と報道している。同ファンドの出資は、カメラ機材のサブスクリプションサービス「GooPass」(ゴーパス)を展開するカメラブ(東京都渋谷区)以来、2度目。

photo プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -