3分Biz.
ニュース
» 2022年01月15日 05時00分 公開

JR西、在来線車両に防犯カメラ きょうから、犯罪抑止へ2023年度末までに全ての新快速に設置

JR西日本が在来線車両内への防犯カメラの設置を順次始める。犯罪抑止が主な狙い。利用者が多い京阪神地区(大阪府、京都府、兵庫県)を走行する新快速や快速から優先的に設置を進め、2023年度末までに全ての新快速と「関空・紀州路快速」に設置する。

[ITmedia]

 JR西日本は1月15日から、在来線車両内への防犯カメラの設置を順次始める。犯罪を抑止し、車両内のセキュリティを高める狙いがある。駅間の走行時間が長く、利用者が多い京阪神地区(大阪府、京都府、兵庫県)を走行する新快速や快速から優先的に設置を進め、2023年度末までに全ての新快速と「関空・紀州路快速」に設置する。その他の車両にも順次設置を進める方針。

photo JR西日本のオフィス(出典:同社公式Webサイト)

 21年12月に、設置に向けた方針を示していた。今後、新たに製造する車両については、標準装備として防犯カメラを設置する。23年度末には、京阪神地区を走行する車両のうち、約5割の設置を目指す。 特急車両については「サンダーバード」など、京阪神地区を発着する車両から順次設置し、 23年度末をめどに、約7割の設置を目指す予定。残りの在来線車両については、24年度以降の設置を計画しているという。

photo 防犯カメラの設置イメージ
photo 今後の設置スケジュール
photo JR西日本の車両(出典:JRおでかけネット

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -