ニュース
» 2023年01月31日 11時38分 公開

家事代行利用のきっかけ 2位「依頼している家事に苦手意識がある」、1位は?95%が「利用し始めて良かった」(1/2 ページ)

家事代行マッチングプラットフォームを運営するタスカジ(東京都港区)は、「家事代行利用の実態調査2022」を発表した。

[秋月かほITmedia]

仕事に役立つ調査データ:

消費者の傾向、若者の価値観、働き方の変化――このコーナーでは、ビジネスパーソンの働き方改革、企業の戦略立案、マーケティングなどに役立つさまざまな調査データを紹介していく。

 家事代行マッチングプラットフォームを運営するタスカジ(東京都港区)は、「家事代行利用の実態調査2022」を発表した。その結果、家事代行利用のきっかけとして最も多いのは「育児や仕事に手が回らない」だった。

photo タスカジは『家事代行利用の実態調査2022』を発表した(画像はイメージ、提供:写真AC)

家事代行利用のきっかけは?

 家事代行利用のきっかけを尋ねると、「育児や仕事に手が回らない」(30%)が最多で、「依頼している家事に苦手意識がある」(24%)、「自分や家族の自由時間を作りたい」(17%)と続いた。

photo 家事代行の利用を始めたきっかけ(以下プレスリリースより)

 男女別で見ると、男性全体では「自由時間を作りたい」(32%)が、単身世帯に絞ると男女ともに「依頼している家事に苦手意識がある」(女性:56%、男性:48%)が最も多かった。

半数以上が「家事代行の利用に抵抗感があった」

 家事代行の利用に抵抗感はあったか聞くと、「少しあった」(45%)、「あまりなかった」(28%)という結果になり、半数以上が抵抗感を覚えていたことが分かった。

photo 家事代行の利用に抵抗感はあったか

 抵抗感があった理由を尋ねると、「他者を家に招き入れるのに抵抗感があった」(66%)が最多で、「家事を人にやってもらうことに罪悪感があった」「どの家事代行サービスがいいのか分からなかった」(各40%)、「利用する前に自分で家をきれいにしなければならないと思った」(37%)と続いた。

photo 抵抗感があった理由
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.