SEO対策は「オワコン」か? 検索エンジンへの生成AI実装、予測される未来は仕事を奪われる?(1/3 ページ)

» 2024年06月04日 08時00分 公開
[田中雄太ITmedia]

 Googleが2024年5月に最新の生成AI「AI Overview」を発表し、とうとうGoogle検索に生成AIが本格的に実装されます。全世界シェア率が90%以上のGoogle検索が大きく進化し、私たちの「検索する」という行為が変わろうとしています。

SEO対策はオワコンに?(提供:ゲッティイメージズ、以下同)

 こうした影響により、マーケティング施策の1つである検索結果の上位に表示させる「SEO対策」の不要論が再び議論されそうです。

 果たして本当にSEO対策はオワコン(終わったコンテンツ)となるのか? 本記事ではその真相について解説します。

検索結果の最上位がAIなら順位の重要性は下がるのでは?

 まず生成AIと検索の未来で考えられるのは、SEO対策が重要ではなくなることです。

 AI OverviewはGoogleへの登録は不要で、検索エンジンの一部として誰でも使える生成AIの機能です。2024年5月時点の仕様としては、Google検索の検索窓にキーワードを入力することで、検索結果の最上部で生成AIがそのキーワードの回答として適した回答を文章や画像を交えながら表示してくれます(Google Workspaceアカウントでは利用不可)。

 ただし、サイト運営者側としては1つ大きな懸念があります。それは、サイトをクリックせずに目的の情報を得る「ゼロクリックサーチ」と呼ばれる現象が多発することです。

 このAI Overviewは全てのキーワードに対して一律に表示されるわけではなく、ジャンルによって表示が異なるため、現時点でAI Overviewの実装が必ずしもビジネスの売り上げなどに直結するとは言いきれません。とはいえ、少なからず以前までのGoogle検索と比べてゼロクリックサーチは増えることが予想されます。キーワードやジャンルによっては検索順位の上位に表示させることの重要性が下がり、SEO対策自体がオワコンになる可能性があります。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.