2015年7月27日以前の記事
検索
インタビュー

「売り上げが落ちてもいいから、残業をゼロにせよ。やり方は任せる」 社長の“突然の宣言”に、現場はどうしたのかサカタ製作所流の働き方【前編】(1/2 ページ)

「来年度の目標は、残業時間ゼロ」──社長の突然の宣言は、まさに寝耳に水の出来事だった。準備期間は1カ月。取り組み方は、各部門に任せられた。現場はどう対応したのか?

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 新潟県に本社を構える中小企業ながら、「残業ゼロ」を目指すなど先進的な働き方改革を行っているサカタ製作所。もともと同社の残業時間平均は月17.6時間(2014年度)、特に多忙な部署では月60時間ほど残業し、夜10時以降まで残る人も散見されるような「残業ありき」で回っている企業だったが、転機は突然やってきた。

 2014年11月、社長の鶴の一声で「残業ゼロ」を目指すことになり、今では、1.17時間(2020年度)にまで減少できた。しかし残業時間を減らすのは一筋縄ではいかなかった。「顧客が離れる」「残業代が減る」など社員から反発の声が上がったのだ。

 「田舎でプレス加工する中小企業」は、どのように働き方改革を推進し、定時退社が当たり前という社風に変えていったのか? 総務部の岡部美咲氏に話を聞いた。

「顧客が離れる」「残業代が減る」……反発の声にどう対応?

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る