+D Style News:新垣結衣さんの“ハート”が六本木上空に?――映画「恋空」記念イベント

大ヒット携帯小説が原作の映画「恋空」の特別イベントが行なわれた。会場には出演した新垣結衣さん、三浦春馬さんらが登場したほか、2人の想いが詰まった“ハート”が上空に描かれるというのだが……あれ曇ってる?

 東京・六本木ヒルズで10月23日、劇場公開を11月3日に控える映画「恋空」のトークイベントが行なわれた。

photo 出演した三浦春馬さん(左)と新垣結衣さん(右)

 携帯小説として大ヒットし、書籍化もされている「恋空〜切ナイ恋物語〜」を映画化した作品。小説の作者“美嘉”さんの実体験をもとにした、波乱と切なさにあふれた「真実の恋の物語」になっているとのこと。新垣結衣さん演じるごくごく普通の高校生“美嘉”と、三浦春馬さん演じる長身のイケメン同級生“ヒロ”を中心にストーリーは進み、いじめや妊娠といったシリアスなテーマも扱いながら、人との絆のあり方を問う作品に仕上がっているという。

 同映画は10月20日に開幕した「第20回東京国際映画祭」に特別招待作品として出展されており、今回のイベントは六本木ヒルズでの上映・舞台挨拶の前に行なわれた。イベントには新垣さん、三浦さん、そして監督の今井夏木さんが登場。さらに会場上空には飛行機が現れ、出演した2人の想いを表現したという“ハートマーク”を飛行機雲で描いた。

photophotophoto 最初曇っていた空も次第に画面右に雲が流れはじめ、青空が顔を出した。約1分ほどしかその姿を保たない“ハート”は、とてもはかない(中央の写真。ハートは左上のあたり)。はかなすぎてどこにあるか分からない人はアップ写真で確認してほしい(右)
photophoto
photophoto

 このパフォーマンスに新垣さんは「得した気分。めったにないことで、自分たちのためにやってくれたことに感謝しています」とコメント。三浦さん、今井監督も同演出に感激の様子だった。

photophotophoto 映画祭のレッドカーペット・イベントについて質問された新垣さん。「最初は緊張したけど、みんながいたので、家族で歩いているみたいで安心しました。春馬くんも緊張してて、どんどん先に行ってしまうので、それで緊張が和らいだ」とコメント。三浦さんも「ずっと後ろから“歩くの速いよ”っていわれてて、聞こえてたんですけど……スイマセン」と話し、会場の空気を和ませた

 映画の台本を読んだ感想として、新垣さんは「ひとりで読んだとき、胸がいたくなった。自分は美嘉のように前向きな気持ちになれなくて、最後に“おわり”って書いてあったけど、“おわれないよ!”って思った」と、物語の結末に最初は驚いたことを説明した。三浦さんは「読んだ時に自然と涙が出てきて、いままで本を読んで泣いた経験はなかったんですが、初めて本で泣きました」と語った。今井監督は、「“泣ける”ということを意識して作ったわけではありません。美嘉さんの気持ちを大事にしながら撮りました」と話した。

 ラブストーリーだけでなく、友情や家族愛の物語でもあるという「恋空」。映画祭では世界中の人が作品を見に来るが、「人を想う気持ちは世界共通だと思うので、通じると思う」と新垣さんは語った。「私はこの映画で気持ちを素直に伝えるすばらしさを学びました。家族とかに気持ちを伝えるのは恥ずかしいけど、この映画を観て気持ちが変化してくれればと思います」(新垣さん)。

photo 作品にも登場する“雪だるま”と一緒に撮影

関連キーワード

イベント | 六本木ヒルズ | 中高生


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.