ニュース
» 2008年01月15日 18時02分 公開

+D Style News:最新電波ソーラーの“初代G-SHOCK”が登場

初代G-SHOCKのデザインを継承する“5600”シリーズに世界5局対応電波&ソーラー機能を搭載した新製品2モデルが登場。メタル&樹脂モデルのほか、初代のカラーリングをまとったモデルも登場する。

[ITmedia]

 カシオ計算機は1月15日、腕時計G-SHOCKの新製品として、世界5局の標準電波に対応したソーラー電波腕時計「GW-M5600」「GW-M5600BC」を発表した。2月29日から販売を開始し、価格は樹脂モデルのGW-M5600が2万1000円、樹脂とメタルのコンポジットモデルのGW-M5600BCが2万5200円。

photophoto 初代モデルを彷彿とさせるGW-M5600(左)と、ブラック液晶がクールなGW-M5600BC(右)

 1983年に誕生した初代G-SHOCK「DW-5000C」の角型フォルムと文字盤レイアウトを継承した“5600”シリーズの新製品。電波機能のほか、蛍光灯のわずかな光でも駆動するソーラー充電システム“タフソーラー”を備えている。

 樹脂モデルGW-M5600では文字や縁取りのカラーも初代モデルのものを継承しており、レトロ感のあるデザインとなった。ブラックの液晶を採用したGW-M5600BCは、樹脂の中にメタルパーツを埋め込み、軽量化と強度との両立を図っている。厚さは両モデルともに「5600」シリーズで最も薄い12.7ミリ。裏蓋には立体感のある鍛造成形を採用する。

関連キーワード

カシオ計算機 | 腕時計 | デザイン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間