ニュース
» 2008年01月16日 21時07分 公開

アサヒ、1680円で味わえる“宮城峡”のシングルモルト+D Style News

アサヒビールが、ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所のシングルモルトウイスキー「シングルモルト宮城峡500ml」を販売する。原酒の貯蔵年数を限定しないことで、味わいと低価格の両立を図った。

[ITmedia]
photo シングルモルト宮城峡500ml

 アサヒビールは1月16日、ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所(宮城県仙台市)で蒸留したシングルモルトウイスキー「シングルモルト宮城峡500ml」を販売すると発表した。3月4日から販売を開始し、価格は1680円。

 2007年1月に発売した「シングルモルト余市500ml」と同様に、原酒の貯蔵年数を限定せずに、長期熟成の原酒から比較的短期の原酒まで幅広く使用することで、ブランドならではの味わいと手軽な価格との両立を図っている。

 宮城峡蒸溜所のモルトウイスキーは、蒸溜所の周囲に流れる新川(ニッカワ)川の良質な伏流水を使用しており、「華やかで甘く柔らかい香り」や「滑らかな味わい」が特徴。シングルモルト宮城峡500mlでは、こうした特徴を残しつつフルーティで爽やかな味わいに仕上げているという。

関連キーワード

香り


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -