ニュース
» 2008年04月09日 18時42分 公開

シチズン、複雑時計の機能備えたエコ・ドライブ腕時計「CALENDRIER」+D Style News

シチズンがエコ・ドライブ腕時計の新モデル「CALENDRIER」を発表。ソーラーモデルにもかかわらず、文字盤は金属製。トリプルカレンダーやムーンフェイズなど複雑時計の機能を備え、クラシカルなデザインを採用した。

[ITmedia]
photo CALENDRIER

 シチズン時計は、光発電で駆動するエコ・ドライブ腕時計のグローバルシリーズ「エコ・ドライブ コンプリケーション」から新モデル「CALENDRIER(キャランドゥリエ)」を発表した。4月中旬より販売を開始し、価格はカーフバンドモデルが8万4000円、ステンレスバンドモデルが8万9250円。

 複雑時計が持つムーンフェイズやトリプルカレンダーの機構を搭載したモデルで、製品名の“キャランドゥリエ”はフランス語でカレンダーを意味する。


photo

 従来、光発電のためのソーラーセルは文字盤の下に配置されることが多く、光を通さないメタルの文字盤を使うことが難しかったが、新モデルは文字盤外周に接するケース内側に帯状の「フレキシブルソーラーセル」を配することで、金属製の文字盤の採用を実現した。また文字盤を多層化することで立体感のあるデザインになっている。

 サークルで構成された文字盤は天体をイメージし、12時位置の日付針は太陽を、秒針は流れ星を表現している。6時位置には夜空に浮かぶ月をモチーフにした、モダンなデザインのムーンフェイズを採用した。

 カーフバンドモデルは文字盤センターに地球をイメージしたデザインを採用。ステンレスバンドモデルはカレンダー部のディスクをむき出しにすることで、メカニカルな雰囲気を演出している。

関連キーワード

腕時計 | デザイン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -