ニュース
» 2008年05月23日 11時41分 公開

紙製ユニフォームも登場――CA歴代制服ファッションショー+D Style News

英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズは、同社キャビンアテンダントが着用してきた歴代制服のファッションショーを開催。CAを目指す学生たちがモデルを務め、初々しい笑顔がこぼれた。

[小笠原由依,ITmedia]

 英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、同社の“歴代キャビンアテンダント(CA)ユニフォーム”を紹介するファッションショーを銀座三越の「英国展」会場で開催した。モデルは、客室乗務員養成学校・イカロスアカデミーの生徒が担当し、CA候補生として初々しい笑顔を振りまいた。



photo ジュリアン・ロジャース氏

 BAは、1948年3月25日にロンドンと香港をつないでいたルートを日本まで延長、山口県の岩国に到着した。今回のイベントは日本就航60周年を記念したもので、同社の日本・韓国地区支社長であるジュリアン・ロジャース氏は、「世界のファッション都市としてロンドンと東京は互いに尊敬、理解をし、影響しあっている。ぜひ今日のファッションショーも楽しんでほしい。また、ユニフォームがそれぞれの時代を反映していることにも注目してほしい」と挨拶した。


photophotophoto クリックして全体表示――左から1946年登場のBOAC制服、1972年登場のブリティッシュ・ヨーロピアン航空制服、1988年登場のブリティッシュ・カレドニアン航空制服

 ショーでは1940年代までさかのぼりユニフォームを紹介。すべてロンドンにあるBAミュージアムから取り寄せている。BAの前身である英国海外航空(BOAC)やブリティッシュ・ヨーロピアン航空、ブリティッシュ・カレドニアン航空のものなど、歴史を感じさせる制服も姿を見せた。

photophotophoto 1967年に登場したBOACの紙製ユニフォーム

 また、使い捨ての紙製ドレスなど、一風変わった制服も登場。1967年から、ニューヨークとカリブ海を結ぶ便で使用されたもので、当時流行していた英国発のポップデザインやヒッピー文化の影響を見て取ることができる。また、白い生地に、サクランボ色や紫色の大きな花柄をあしらったこのドレスは、カリブ海へ向かう路線で着用されるだけあり華やかで、南の島を思わせる。

photophotophoto 1970年登場のBOACユニフォーム

 1970年から取り入れられていた女性スタッフ専用の制服も特徴的だ。1960年代の宇宙開拓時代をイメージして作られたとのことで、その幾何学的なラインや無機質なデザインは、さながら宇宙船に乗っているような気分にさせる。ユニフォームのスカーフには、速さと飛行のイメージをかたどった“スピードバード”のマークを配置。同社の後のロゴマークである“スピードウイング”や現在のロゴマークである“スピードマーク”の基となっている。

photophoto ショーの最後は、「着物」が登場

 そして、今回のファッションショーでトリを務めたのはなんと「着物」。1960年代に、日本に関係する路線で、日本人スタッフだけが着用していたという。CA各自が好みの柄の着物を調達していたようで、色とりどりで華やかな機内が想像される。

photo 旅の思い出に花を添えてきた、歴代のユニフォームたち

関連キーワード

CA | デザイン | イベント | ファッション


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -