ニュース
» 2008年06月02日 10時24分 公開

+D Style News:日産、より豊かな“モダン”目指した新型セダン「ティアナ」発表

“モダンリビングコンセプト”をキーワードに、大人のラグジュアリーセダンとして登場した日産「ティアナ」がフルモデルチェンジ。従来のデザイン哲学を踏襲しながら、時代にあったモダンデザインを新たに取り入れた。

[ITmedia]

 日産自動車は6月2日、モダンなデザインと快適性を追求したセダン「ティアナ」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。価格は246万7500〜394万8000円。

photophoto
モデル エンジン トランスミッション 駆動方式 価格
350XV 3.5リッターV型6気筒エンジン エストロニックCVT-M6(6速MTモード付き) 前輪駆動 394万8000円
250XV 2.5リッターV型6気筒エンジン エストロニックCVT 前輪駆動 326万5500円
250XL 275万1000円
250XE 246万7500円
250XL FOUR 2.5リッター直列4気筒エンジン 4輪駆動 296万1000円
250XE FOUR 267万7500円

 2003年に登場した初代ティアナのモダンなデザインコンセプトを継承しつつ、より上質でくつろぎ感のある内外装を目指した新型ティアナ。エクステリアは、緩やかなアーチを描くボディ側面のキャラクターラインをはじめ、従来よりも曲線が強調されたデザインに生まれ変わった。

photophoto
photophotophoto

 またインテリアも外観と同じく曲線を多用したデザインに一新された。特徴的なのがインストルメントパネル全体を覆うように取り付けられたソフトパッドで、チェリーウッド柄の木目調パネルとの組み合わせにより、温かみやくつろぎ感が表現されている。視認性に優れた大型3連メーターはクロームで縁取られ、高級感を演出。また座席はソファーのような快適さを追求し、立体的なシートデザインや、ボリューム感のあるアームレストを採用している。

photophoto

 従来より低床化されたプラットフォームを使用することで、室内の頭上スペースを拡大。またボディの高剛性化や、サスペンションの取り付け位置の見直し、新リアマルチリンクサスペンションの採用などにより、車内へ伝わる振動を大幅に低減した。さらに、ボディの部品形状や吸遮音材の配置場所を細部にまでこだわることで、車内の静寂性も高められている。

photophotophoto

 エンジンは、最高出力252馬力(185kW)/最大トルク335Nm(34.2kgm)の3.5リッターV型6気筒「VQ35DE」、185馬力(136kW)/232Nm(23.7kgm)の2.5リッターV型6気筒「VQ25DE」、167馬力(123kW)/240Nm(24.5kgm)の2.5リッター直列4気筒「QR25DE」の3種類。

 V型エンジン2種は、高着火性イリジウムプラグや高耐久性プラチナ合金チップの採用で始動時・発進時の燃費安定性を増幅させ燃費向上を図ったほか、C-VTC(連続可変バルブタイミングコントロール)の作動域を拡大することで、低中速でのトルクや高速域の出力を従来より向上させている。直列4気筒エンジンに関しては、現行の同型エンジンに改良を施し、出力や低中速域のトルク、燃費性能が高められた。また、全モデルにアダプティブシフトコントロール付きの新型エストロニックCVTを採用。路面状況やドライビングスタイルなどに応じて、動力性能と燃費がどちらも最適になるよう変速タイミングを変化させ、ダイレクト感のある走りを実現した。

 前席にテンションリデューサー付きELRシートベルトを装備し、また全席に着脱時の圧迫感を軽減する低フリクションシートベルトを採用した。そのほか、ABS(アンチロックブレーキシステム)や、ブレーキアシスト、EBD(電子制御制動力配分システム)などの安全装備を全モデルに標準装備する。

関連キーワード

デザイン | 日産自動車


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -