ニュース
» 2008年06月16日 19時35分 公開

BMW、新世代トランスミッション搭載のセダン&クーペ「M3」+D Style News

F1テクノロジーに基づいて開発した新世代トランスミッションを搭載する、BMWのハイパフォーマンスセダン&クーペ「M3」が登場。

[ITmedia]

 ビー・エム・ダブリューは6月16日、ハイパフォーマンスカー「M3」のクーペ/セダンに、F1テクノロジーに基づいて開発されたトランスミッション「M ダブル・クラッチ・トランスミッション(ドライブロジック付き)」(M DCT Drivelogic)を採用し、販売を開始した。価格はクーペが1050万円、セダンが1020万円。

photophotophoto 新型M3クーペ
photophotophoto 新型M3セダン
photo

 今回搭載されたのは、素早くスムーズな変速を可能にするツインクラッチ式のセミオートマチック・トランスミッション。ギアセットを偶数段と奇数段の2つに分け、それぞれにクラッチを設置、2つのクラッチを交互に使用することで、エンジンパワーの伝達を中断させることなくギアチェンジができる。

 F1マシンと同様に7速を設定し、シフトチェンジの際にはステアリングのパドルシフト、センターコンソールのセレクターレバーを使用する。また、ドライブ・モードを利用することにより、自動変速も可能。最高出力420馬力を発生する4リッターV型8気筒エンジンと組み合わされることで、従来よりもさらにスポーティーなドライビングが可能となった。

関連キーワード

スポーツカー | セダン | クーペ | BMW


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -