ニュース
» 2008年12月13日 12時54分 公開

アニメにはない「予想外」求めて――「ヘブンズ・ドア」マイケル・アリアス監督インタビュー+D Style News(1/2 ページ)

映画「鉄コン筋クリート」のマイケル・アリアス監督が放つロードムービー「ヘブンズ・ドア」。実写ならではのライブ感を求めて新境地を開拓したアリアス監督にインタビュー。

[山田祐介,ITmedia]

 アニメーション映画「鉄コン筋クリート」の公開から約2年。CGのスペシャリストにしてアニメ監督でもあるマイケル・アリアス氏が、今度は“実写”の監督として新境地に挑む。それが、2009年2月7日に劇場公開される映画「ヘブンズ・ドア」だ。

photo (C)2009アスミック・エースエンタテインメント/フジテレビジョン/ジェイ・ストーム

 同作の原作になったのは、1997年にドイツで公開されヒットした「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」。重い病によって残りわずかの命となった若者2人が、「天国で誰もがその美しさを語りあう」という“海”を目指して病院を抜け出し、旅を始める。シンプルで骨太なストーリーの中で、死を覚悟した若者2人の絆や、自分たちの夢を叶えていく様子が、時におかしく、切なく、力強く描かれていく。

photo 原作プロデューサーのトム・ツィクラー氏(左)とマイケル・アリアス監督(右)

 アリアス監督によってリメイクされた本作も、そのストーリー構成を忠実に再現しているが、若者の一方を男性から少女に変更するなど、“アリアス流”の解釈で作品のテイストは大きく異なるものになった。

 残り3日の命を宣告された若者・勝人を演じるのは長瀬智也さん。病院以外の世界を知らない少女・春海には14歳の福田麻由子さんを起用。“ちょいワル青年”と“すました少女”が織りなす、みずみずしいやりとりが作品にちりばめられている。

 そんな「ヘブンズ・ドア」に対する思いを、マイケル・アリアス監督と、原作のプロデューサーであるトム・ツィクラー氏に語ってもらった。


――“鉄コン”でアニメ監督として有名になりましたが、実写に挑戦したのは?

photo

マイケル・アリアス監督(以下、アリアス) まず、「鉄コン筋クリート」はアニメじゃないと表現できないと最初から思っていたし、アニメ畑の才能あるスタッフにも恵まれて、アニメーションで作ることに必然性がありました。でも僕自身はアニメーターではないし、絵はヘタなんです(笑)。

 「ヘブンズ・ドア」って、ロードムービーじゃないですか。それで、ロードムービーを撮るなら、アドリブの要素が欲しいなと思いました。ランダムな自然現象も含めて、なるべくライブな感じを取り入れたかったんです。でも、そういうことはアニメーションではやりにくい。設計書を作って、長い時間を掛けてその通りにコツコツやっていくのがアニメーションなので。

 鉄コンでは、あまりきっちりフレームに収まっていない絵作りをして、ドキュメンタリーのようなライブ感を目指したんだけど、結局のところは、それも計算したものなんです。だけど実写だと、計算することのできない“予想外の要素”というのが確実に出てくる。それに、期待していました。鉄コンをやったからこそ、そういう作品作りを味わってみたいと思ったのかも。


――そうした予想外の実写に挑戦することで、どんなところにアニメーションとの違いを感じましたか?

photo

アリアス うーん……やっぱり、“迷うヒマがない”ということ。とにかく突き進むのが正しいというか……アニメーションって作る期間が長いので、正しい答えがその時出せなくても、それをひとまず棚において、後で考えたりすることができる。自分が思い描く映像に近づけるための時間が比較的あるんです。でも実写の撮影は短い時間の中でやりきる必要がある。特に僕らはセットは使わずに全部ロケーションで撮影したから、天気とか、日が暮れる時間とか、いろいろと制限がありました。

 そういう制約の厳しいスケジュールや環境を前にして、自分がどこを大事にするか、譲らないかというウェイトはアニメとは変わってきます。限られた1日の中で、ひとつのことしかできないという状況になったとき、何を犠牲にするかを考えなきゃいけない。僕論でいうと、正しいかどうか考えるよりは、自分なりに答えを出すことが大切。

トム・ツィクラー氏(以下、ツィクラー) ちょっと質問があるんだけど、撮影は何日?

アリアス 40……41日、かな。

ツィクラー へえ! 僕らもオールロケだったんだけど、大体一緒だね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -