ニュース
» 2009年01月20日 17時38分 公開

お台場の地下駐車場が「レクサス RX ミュージアム」に変身+D Style News

レクサスの新型SUV「RX350/RX450h」の発表に合わせ、お台場の青海南ふ頭公園地下駐車場が「レクサス RX ミュージアム」に変身。

[山田祐介,ITmedia]
photo 地下駐車場へと降りていくと、ミュージアムが登場

 トヨタ自動車は、新型クロスオーバーSUV「RX350/RX450h」の発表に合わせた特別企画として、お台場の「大江戸温泉物語」向かいにある青海南ふ頭公園地下駐車場に「レクサス RX ミュージアム」をオープンした。デザイナーのグエナエル・ニコラ氏の手によってRXの世界観が表現された空間に新モデルが展示されるほか、アーティストのパフォーマンスも行われる。期間は1月20日から2月15日まで。


photophotophoto 2万個のスワロフスキークリスタルを使ったシャンデリアが出迎える

 「艶」「躍」「人や社会や地球との共生・調和」をキーワードに、それらを融合したという空間には、LEDによってライトアップされたスワロフスキークリスタルのシャンデリア「Crystal Falls」や、光ファイバーを幾何学的に張り巡らせた「Crystal Tunnel」など、ラグジュアリーな演出が施されている。「ライティングとクリスタルで表現した光と反射の世界。そして、Radiant Xover(光輝くクロスオーバー)という意味のこめられた新型RXを体験していただくための場所」(グエナエル・ニコラ氏)

photophoto ミュージアムのアンバサダーを務める知花くららさん(左)と森理世さん(右)
photophotophoto 約2000メートルの光ファイバーを利用したCrystal Tunnelは、事前登録することでその中を試乗することができる
photophotophotophoto 展示されていたRX350

 また、期間中には「Xover Parformance」と銘打たれたアーティストのコラボレーションイベントが用意されている(事前登録が必要)。オープニングパーティーでは書道家の武田双雲氏とチェリストの溝口肇氏が登場し、“音色に合わせて書く”“筆使いに合わせて弾く”といったパフォーマンスを披露した。

photophotophoto 武田双雲氏(左)と溝口肇氏(中央)。書道と音楽の“クロスオーバー”パフォーマンスを披露した

レクサス RX ミュージアム

東京都江東区青海2丁目地先 青海南ふ頭公園地下駐車場

開館時間: 平日14:00〜20:00/土・日・祝日11:00〜19:00

来場方法:http://lexus.jp/xover/から申し込み

※試乗、パフォーマンス観覧の登録も上記サイトより受付け


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -