ニュース
» 2009年01月20日 13時46分 公開

+D Style News:レクサス、クロスオーバーSUV「RX350/RX450h」を発表

トヨタ自動車が、レクサスからクロスオーバーSUV「RX350」とハイブリッドバージョンの「RX450h」を発表した。

[ITmedia]
photo 「RX450h」(左)、「RX350」(右)

 トヨタ自動車は、レクサスの新型クロスオーバーSUV「RX350」「RX450h」を発表した。RX350は1月19日から販売を開始し、価格は460万〜565万円。ハイブリッドモデルのRX450hは4月からの販売で、価格は570万〜650万円。

 「RX」は国内で初めて導入されるレクサスブランドのSUVだが、海外では日本の「ハリアー」に相当するモデルとして展開され、今回の新型が3代目となる。従来のハリアーのデザインを踏襲しつつも、大きなフロントグリルや“つり目”型のヘッドランプなど、レクサスらしい意匠が盛り込まれ、高級感が演出された。またハイブリッドモデルのRX450hはデザイン面で差別化が図られ、専用デザインのLEDヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、19インチアルミホイールなどが採用されている。

photophotophoto RX350

 RX350は、3.5リッターV型6気筒エンジンと、6速ATを組み合わせ、駆動方式はAWD(全輪駆動)とFF(前輪駆動)の2種類を用意した。またAWDモデルには、走行状態に応じて最適なトルク配分を行うアクティブトルクコントロールAWDシステムを採用した。10・15モード燃費はAWDが1リッター当たり9.4キロ、FFが9.7キロ。

photophotophoto RX450h“version L・Air suspension”(左)、RX450h(中央、右)

 RX450hは、3.5リッターV型6気筒のアトキンソンサイクルエンジンとフロントモーターを組み合わせた前輪駆動用のハイブリッドシステムに加え、フロントと独立したリヤモーターにより、走行状況に合わせAWD状態へと移行する「E-Four」を搭載。車名の“450”が表すように、4.5リッター車並みのパワーを持つとし、エンジンは最高出力249馬力(183kW)、ハイブリッドシステム全体では最高出力299馬力(220kW)を発揮する。燃費性能は10・15モードでの測定で1リッターあたり18.8キロで、2015年度燃費基準を達成。

 インテリアは視認性・操作性に優れた新感覚コックピットを採用。センターコンソールに手を置いたまま、指先の感触でナビ画面上のポインターを操作できる「リモートタッチ」や、視線の移動を最小限に抑える「ヘッドアップディスプレイ」などを用意し、ドライビングに集中できる環境を整えた。

 安全面では、車両左側の確認を広範囲に補助するサイドモニターや、エンジン/ブレーキ/ステアリングを統合制御することで、挙動を安定させるVDIMを全車に搭載。またミリ波レーダーを利用したプリクラッシュセーフティシステムや、最大10個のエアバッグも採用された。

製品名 駆動 価格
RX450h “version L・Air suspension” AWD 650万円
RX450h “version L” 625万円
RX450h “version S” 610万円
RX450h 570万円
RX350“version L・Air suspension” AWD 565万円
RX350“version L” AWD 540万円
RX350“version L” 2WD 515万円
RX350“version S” AWD 495万円
RX350“version S” 2WD 470万円
RX350 AWD 485万円
RX350 2WD 460万円

関連キーワード

燃費 | レクサス | SUV | トヨタ自動車


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -