ニュース
» 2009年02月19日 14時57分 公開

+D Style News:ボルボ、300万円以下の車種も――「C30/S40/V50」に「2.0e」設定

2リッターの新エンジンと、新トランスミッションを搭載した「2.0eシリーズ」がクーペ「C30」、セダン「S40」、ステーションワゴン「V50」の3車種に設定される。ボルボ初となる200万円台のステーションワゴンも登場。

[ITmedia]

 ボルボ・カーズ・ジャパンは、コンパクトクーペ「C30」、セダン「S40」、ステーションワゴン「V50」の3車種に、新型エンジンと新開発トランスミッションを搭載する「2.0eシリーズ」を追加した。3月1日から販売を開始する。価格は279万〜339万円。

photo 「2.0eシリーズ」

 2.0eは、「日本の輸入市場の52%が2.0リッターまたはそれ以下のモデルで占められている市場現状を踏まえ、新たに導入する」(同社リリース)シリーズで、エントリーモデルの「Powershift」と、装備を充実させた「Aktiv」の2モデルで構成される。

photophotophoto 「C30 2.0e Powershift」(左)、「S40 2.0e Powershift」(中央)、「V50 2.0e Powershift」(右)

 エンジンは、従来の2.4リッター5気筒エンジンではなく、オールアルミの2リッター直列4気筒エンジンを採用した。最大出力は145馬力(107kw)、最大トルクは、185Nm(18.9kgm)。

 新開発の6速デュアルクラッチトランスミッション“パワーシフト”を搭載。次のギアが常に待機し、シフトアップやシフトダウンの際に、パワーをロスすることなくギアチェンジができる。通常のトルクコンバーター付きオートマチックトランスミッションに比べて、燃費を大幅に改善できるという。

 上記のエンジンとトランスミッションを組み合わせることで、車両を40キログラム軽量化した。10・15モードで、1リッターあたり11.6キロメートルの燃費性能を実現。従来の、2.4リッター5気筒エンジン・5速オートマチックトランスミッションの組み合わせと比べて、燃費性能は22%向上し、CO2排出量も18%軽減した。

 価格は、2.0e Powershiftモデルで、C30が279万円、S40が289万円、V50で299万円。2.0e AktivモデルでC30が314万円、S40が324万円、V50が339万円。V50は、「ボルボ初の200万円台」(同社リリース)のステーションワゴンとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -