特集
» 2013年01月09日 08時00分 公開

文字編:こんなに違う――iPad miniで主要電子書店のビューワを比較 (3/3)

[鷹野 凌,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

BOOK☆WALKER Viewer

BOOK☆WALKER Viewer

 角川グループの電子書店「BOOK☆WALKER」のiOSアプリ「BOOK☆WALKER Viewer」。本稿執筆時点のバージョンは2012年12月10日更新の3.0.1で、従来のアプリとは別の新アプリになっている。電子書店の詳細なレビューは『電子書店完全ガイド――BOOK☆WALKER』で確認してほしい。

 BOOK☆WALKER Viewerでは、フォントサイズの調整と、ページめくりのアニメーション表示オン/オフ切り替え、見開き表示時の中央線オン/オフ、画面の明るさ調整などができる。新アプリのフォントはモリサワで、設定から変更はできない。


アカウント認証が終わるとフォントのダウンロードを促される
読書設定メニュー
ページめくりアニメーション

フォントサイズ中(デフォルト)
フォントサイズ小
フォントサイズ大

フォントサイズ中(デフォルト)
フォントサイズ小
フォントサイズ大

ニコニコ静画(電子書籍)

ニコニコ静画(電子書籍)

 ドワンゴの電子書店「ニコニコ静画(電子書籍)」のiOSアプリ「ニコニコ静画(電子書籍)」。本稿執筆時点のバージョンは2012年12月13日更新の2.0.4。電子書店の詳細なレビューは『電子書店完全ガイド――ニコニコ静画(電子書籍)』で確認してほしい。

 ニコニコ静画(電子書籍)では、フォントサイズの調整と、縦書き横書きの変更、画面の明るさ調整などができる。フォントは変更できない。


表示設定
横書き表示
コメント表示

文字サイズ標準
文字サイズ最小
文字サイズ最大

文字サイズ標準
文字サイズ最小
文字サイズ最大

ebiReaderHD

ebiReaderHD

 電子書店「eBookJapan」のiOSアプリ「ebiReaderHD」。本稿執筆時点のバージョンは2012年12月9日更新の2.1.0.0。電子書店の詳細なレビューは『電子書店完全ガイド――eBookJapan』で確認してほしい。

 ebiReaderHDでは、フォントサイズの調整と、はしらやページ番号の表示/非表示、画面の明るさ調整などができる。フォント(ライセンス情報によるとIPA)は変更できない。自動ページめくりができるのはユニークだ。


ページ設定
読書設定
読書に関する設定

文字サイズ標準
文字サイズ最小
文字サイズ最大

文字サイズ標準
文字サイズ最小
文字サイズ最大

Google Play Books

Google Play Books

Googleの電子書店「GooglePlay ブックス」のiOSアプリ「Google Play Books」。本稿執筆時点のバージョンは2012年11月14日更新の1.4.2。

 GooglePlay ブックスでは比較用に用いた書籍(『聖剣の刀鍛冶 1巻』MF文庫J)の取り扱いがないため、Nexus 7での比較と同様に青空文庫の「坊っちゃん」でチェックしようとした。ところが、「坊っちゃん」はAndroidでは「フローテキスト(リフロー形式)」なのに、同じ書籍がiOSでは「スキャンされたページ」だった。ストアの書籍情報で「特長 フローテキスト, スキャンされたページ」と併記されているものを幾つか試してみたが、iOSでリフロー形式の書籍は見つけられなかった。

「坊っちゃん」の表示。拡大縮小ができない
表示設定メニューを開くと[フローテキスト(利用不可)]という記述が
Nexus 7で同じ書籍を開くと、フォントサイズの変更ができる

横向き表示
[夜間]モードで白黒反転はできる

iBooks

iBooks

 Appleの電子書店「iBookstore」は、まだ日本語書籍の販売が始まっていない。夏目漱石の「坊っちゃん」が一時期登録されていたが、本稿執筆時点では検索しても見つからなくなってしまった。ただ、iOSアプリ「iBooks」はEPUB 3に対応して日本語の縦書き表記が可能で、PDFを読み込んだりiCloudと連携もできるようになっている。本稿執筆時点のバージョンは2012年11月14日更新の3.0.2。

 iBooksでは、フォントサイズの調整と、ページの表示方法(ブック・フルスクリーン・スクロールの3種類)と配色の変更、画面の明るさ調整などができる。フォントは游ゴシック体、游明朝体、ヒラギノ角ゴ、ヒラギノ明朝(デフォルト)、ヒラギノ丸ゴ W4から選択できる。

iBookstoreで日本語書籍はまだ扱っていない
一時期登録されていた「坊っちゃん」も消えている
著者は一時期登録されていた時に入手済み

表示メニューからフォントを選択できる
表示メニューからテーマを選択できる
テーマ[夜間]の表示

「ヒラギノ明朝(デフォルト)」での表示サンプル

ヒラギノ明朝 デフォルトの文字サイズ
ヒラギノ明朝 文字サイズ最小
ヒラギノ明朝 文字サイズ最大

ヒラギノ明朝 デフォルトの文字サイズ
ヒラギノ明朝 文字サイズ最小
ヒラギノ明朝 文字サイズ最大

「游ゴシック体」での表示サンプル

游ゴシック体 デフォルトの文字サイズ
游ゴシック体 文字サイズ最小
游ゴシック体 文字サイズ最大

游ゴシック体 デフォルトの文字サイズ
游ゴシック体 文字サイズ最小
游ゴシック体 文字サイズ最大

「游明朝体」での表示サンプル

游明朝体 デフォルトの文字サイズ
游明朝体 文字サイズ最小
游明朝体 文字サイズ最大

游明朝体 デフォルトの文字サイズ
游明朝体 文字サイズ最小
游明朝体 文字サイズ最大

「ヒラギノ角ゴ」での表示サンプル

ヒラギノ角ゴ デフォルトの文字サイズ
ヒラギノ角ゴ 文字サイズ最小
ヒラギノ角ゴ 文字サイズ最大

ヒラギノ角ゴ デフォルトの文字サイズ
ヒラギノ角ゴ 文字サイズ最小
ヒラギノ角ゴ 文字サイズ最大

「ヒラギノ丸ゴ W4」での表示サンプル

ヒラギノ丸ゴ W4 デフォルトの文字サイズ
ヒラギノ丸ゴ W4 文字サイズ最小
ヒラギノ丸ゴ W4 文字サイズ最大

ヒラギノ丸ゴ W4 デフォルトの文字サイズ
ヒラギノ丸ゴ W4 文字サイズ最小
ヒラギノ丸ゴ W4 文字サイズ最大

まとめ

 ビューワの「読みやすさ」は個人差があるので、一概にどれが良いとはいいづらいが、例えばフォントの種類、大きさ、行間、文字間、余白、背景色、文字色などが、ユーザー側で任意で変更できれば、自分に合ったものにカスタマイズできる。それは、紙の書籍にはできないことだ。次回はコミックの画質についてチェックする。

著者プロフィール:

 フリーライター。ブログ「見て歩く者」で、小説・漫画・アニメ・ゲームなどの創作物語(特にSF)、ボカロ・東方、政治・法律・経済・国際関係などの時事問題、電子書籍・SNSなどのIT関連、天文・地球物理・ロボットなどの先端科学分野などの分野について執筆。ブクログのパブーで電子書籍『これもうきっとGoogle+ガイドブック』を販売中。

 Google+のアカウントはこちら、Twitterのアカウントは@ryou_takano


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる