ニュース
» 2004年06月14日 20時57分 公開

富士通ラーニングメディア、情報セキュリティのe-ラーニングサービスを拡充

富士通ラーニングメディアは情報セキュリティ研修を支援する「情報セキュリティ/個人情報保護 eラーニングソリューション」を拡充し、カスタマイズサービスなどを追加する。

[ITmedia]

 富士通ラーニングメディアは6月15日より、全従業員/職員を対象とした情報セキュリティ研修を支援するe-ラーニングサービス「情報セキュリティ/個人情報保護 eラーニングソリューション」を拡充する。

 このソリューションは、企業や自治体向けに、情報セキュリティ/個人情報保護研修をe-ラーニング形式で提供するもの。同社では既に、独自に作成したコンテンツを元に、ASP形式でサービスを提供してきたが、このたび新たに、顧客ごとの背景/状況を踏まえた独自の内容をe-ラーニングコンテンツに盛り込める「カスタマイズサービス」を追加した。このカスタマイズコンテンツは、最短の場合で5日間で制作可能という。

 また、顧客ごとの要望に沿った「オーダーメイドサービス」についても、製作プロセスを効率化。これにより、従来の価格よりも最大3割少ないコストで、独自の事情やデータに基づいた情報セキュリティ/個人情報保護研修を実現できるという。

 富士通ラーニングメディアでは今回のサービス拡張により、迅速に、しかも独自の内容を加えた情報セキュリティ/個人情報保護教育を実施したいと言う顧客のニーズに応えられるとしている。サービス料金は、受講者1000名の場合で、ベースとなる既成コンテンツが175万円から、ASPサイト利用料は3カ月で100万円から。カスタマイズ料金は30万円から、またオーダーメイドを利用する場合は150万円からとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -