ニュース
» 2004年06月18日 23時37分 公開

SAPジャパン、NEC、NECソフトの3社、国内ホテル業界向け基幹システムテンプレートを提供開始

SAPジャパン、NEC、NECソフトは、国内のホテル業界を対象に、会計を中心とした基幹業務システム構築用テンプレート「ホスピタリティ・テンプレート」を提供する。

[ITmedia]

 SAPジャパン、日本電気(NEC)、NECソフトの3社は6月18日、国内のホテル業界および外食業界を対象に、会計を中心とした基幹業務システム構築用テンプレート「ホスピタリティ・テンプレート」を提供開始すると発表した。

 ホスピタリティ・テンプレートは、NECグループのホテル向けフロントオフィスシステム「NEHOPS-EE」と、mySAP ERPベースの会計システムを中心としたバックオフィスシステムが組み合わされた製品。「ユニフォーム・システム」といわれるホテル会計統一制度にも対応する。

 両社は、大手ホテルチェーンを中心に営業活動を展開し、2004年年末までに5社以上への導入を計画しているほか、将来的には国内ホテル向けにASPサービスの展開を目指すという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -