ニュース
» 2004年06月25日 10時32分 公開

2003年国内ルータ市場は2けたのマイナスへ

IDC Japanは6月24日、2003年の国内ルータ市場動向及び予測を発表。2003年の出荷台数は前年比マイナス13.9%、金額では同マイナス14.1%といずれも2けたのマイナスとなった。

[ITmedia]

 IDC Japanは6月24日、2003年の国内ルータ市場動向及び予測を発表。2003年の国内ルータ出荷台数は192万8000台(前年比マイナス13.9%)、出荷金額は1,489億6,100万円(同マイナス14.1%)といづれも減少したと発表した。

 これは、1990年後半から2000年初めにかけての企業インターネット利用増加、通信事業者のネットワーク構築増強により急成長したルータ市場が成熟期を迎えたためと分析している。

 さらにIDCでは、2003年から2008年の国内ルータ出荷台数の年間平均成長率は出荷台数で6.7%、売上金額で3.2%成長し、2008年には266万9,000台、1,742億5,500万円に達すると予測している。

ハイエンド分野で需要が回復。ローエンド、SOHO分野では2けたの落ち込み

 ルータ市場では、価格競争に対処するための、付加価値を強化する戦略を取り始めたハイエンド分野での金額ベースの需要が回復に向かう兆しが見え始めている。

 ミッドレンジ分野ではエンドユーザ売上金額で前年比マイナス8.2%だったものの、台数では同10.5%増となっている。

 ローエンド、SOHO分野では出荷台数、売上金額共に2けた台の落ち込みになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -