ニュース
» 2004年07月08日 22時03分 公開

富士通、PCワークステーション「CELSIUS」のラインアップを強化

富士通は、ノート型モバイルワークステーション「CELSIUS H210」と、省スペースデスクトップ型ワークステーション「CELSIUS J330」の販売活動を開始した。

[ITmedia]

 富士通は7月8日、PCワークステーション「CELSIUS」のラインアップを強化し、ノート型モバイルワークステーション「CELSIUS H210」と、省スペースデスクトップ型「CELSIUS J330」の計2モデル3機種の販売活動を開始したと発表した。

「CELSIUS H210」 「CELSIUS H210」

 CELSIUS H210は、Pentium M 745とIntel 855GMEチップセットを採用した。また、ビデオカードはOpenGL対応の「ATI MOBILITY FireGL T2e」を装備し、UXGA対応15型液晶ディスプレイを搭載する。これにより、外出先におけるデータレビューやプレゼンテーション、リアルタイムな映像編集などを可能にしたという。価格は30万2000円からで、出荷時期は7月中旬。

 CELSIUS J330は、Intel 925X Expressチップセットを採用。CPUには、Pentium 4 540または同520のいずれかを選択できる。価格は14万1000円からで、出荷時期は8月上旬。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ