特集
» 2004年12月17日 12時45分 公開

UNIX USER1月号「デスクトップで動かす・学ぶQt/Embedded」より転載:Qt2系列とQt3系列――第1回 フレームバッファでQtアプリ(その2) (1/3)

Qt/Embeddedを使って、Linuxデスクトップマシンで組み込みのGUIプログラミングを体験する本連載。今回は、Qt2とQt3を選択するうえでの要点と注意事項について、また、Qt/X11のインストールまでを解説する。

[杉田研治,UNIX USER]
Qt2系列とQt3系列

 Qt/EmbeddedにはQt2系列とQt3系列があります。デスクトップではたいていQt3系列のバージョンが使用されていますが、組み込みシステムではフットプリント削減*の重要度が高いことが多く、この場合Qt2系列の使用も検討事項になります。また、Linux Zaurusに代表されるQtopiaはQt2系列で実装されていて、Qt3系列での実装予定はありません。2005年3月末リリース予定のQt4*以降、QtopiaがQt4のQt/Embeddedに移植される予定となっています(コラム)

 表7は、Qt2とQt3を選択するうえでの要点と注意事項をまとめたものです。また、次のURLに現在までのリリースの変更記録があり、比較する際には役立つでしょう。

http://www.trolltech.com/developer/changes/

 なお、本連載ではQt/Embedded 3.3.3を用いて解説を行います。

表7 Qt2とQt3を選択するうえでの要点と注意事項
ポイント 説明
サイズ Qt2系列のほうがQt3系列よりサイズが小さく起動時間が短い。これは、Qt4で改善される予定
機能の相違 Qt2とQt3で機能やウィジェットの種類などで多くの相違がある
同一クラスでの機能の相違 たとえば、Qt2のQDirectPainterにsetAreaChanged(const QRect&)がなかったり、関数region()が非constであるような小さな相違がある
Qt Designer Qt3では操作性が改善され、プラグインウィジェットやサブクラスなしでのコード編集などをサポートしている。Qt Designerに力点を置く場合には重要な判断材料となる
翻訳ファイル作成 Qt3ではQt Linguistと関連コマンドを用いたQt2よりも扱いやすくメッセージ翻訳ファイルが作成できる。また、翻訳ファイル作成コマンドの種類も異なる

コラム 次期メジャーリリースQt 4について

 2004年11月24日現在、Qtの最新バージョンは3.3.3で、バグ修正バージョンの3.3.4が2004年末にリリースされる予定です。現在Qtの次期メジャーリリースQt 4の開発が表Aの予定で進められています。

表A Qt 4.0のリリーススケジュール
リリース日 バージョン
2004年7月8日 Qt 4 Preview 1。X11、Windows、Mac OS X
2004年9月24日 Qt 4 Preview 2。Qt Embeddedが追加
2004年末 Qt 4 Beta
2005年第1四半期末 Qt 4.0.0
2005年 Qtopia

 Qt 4には機能的にいろいろな改善や追加がありますが、ライブラリサイズ、使用メモリ、起動時間の短縮などパフォーマンスの改善も予定されています。図AはQt 4 Preview 2のQt Embeddedの実行画面で、ウィジェット内での半透明描画が実装されているのが分かります。Preview 2では、描画図形のアンチエイリアスや描画速度の点でまだ目標に達していませんが、リリースまでに改善されるのを期待したいところです。

図A 図A Qt 4 Preview 2のQt Embeddedの実行画面(クリックで拡大します)

 本文で触れたように、PDAや携帯電話向けのQtopiaは、Qt Embedded上に構築された組み込み機器向けのデスクトップ環境です。QtopiaはQt 3のライブラリサイズや起動時間の問題のためにQt2での実装のみとなっています。Qt 4でQt 3のこれらの問題が解消されれば、Qt 4のリリース後にQtopiaがQt 4に移植され、Qt 3で実装されたIPv6などの機能も使えるようになります。これによって、組み込み機器でも半透明の描画やアンチエイリアスなどが利用できるようになり、高品位のGUIが作成できることが期待されています。

このページで出てきた専門用語
フットプリント削減
プログラムが最小限の動作をしているときに消費しているメモリ使用量をフットプリントという。一般に組み込み機器ではメモリなどのハードウェアリソースが小さく、フットプリントを小さくすることが望ましい。

Qt4
Qt4では、サイズや速度のパフォーマンスが改善されるほか、多くの機能の追加とブラッシュアップが行われる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(c)2010 SOFTBANK Creative Inc. All rights reserved.

注目のテーマ