ニュース
» 2005年01月17日 16時18分 公開

韓流BlogサービスHompy上陸

NeoWiz Japanは14日、韓国で友人同士での利用を中心としたBlogやSNSを進化させたHompyサービス「JOCOSO」を正式オープンした。

[ITmedia]

 アバターコミュニティ「SayClub」を運営しているNeoWiz Japanは、1月14日より韓国においてBlog同様に人気を集めている、友人同士での利用を中心としたBlogやSNSをより日常的なツールへと進化させたHompyサービス「JOCOSO」(ジョーコソ)を正式オープンした。

 同サービスは、2004年12月20日にプレオープンしていたが、14日に行ったサービス改善のメンテナンス後に、正式オープンとなった。サービスの基本料金は無料で、スキンや顔アイコン(顔コン)を数十円から数百円にて有償提供する。

 JOCOSOは、非知人が利用するアバターコミュニティ「SayClub」で培った経験を元に、友人同士で利用するSNS提供を開始したもの。韓国で人気のBlogサービス「Hompy」(ホムピー)を中心として、実名基盤の「日記」「アルバム」「寄せ書き」「友人捜し」「知人関係維持と管理」といった友人とコミュニケーションするためのツールとしての特徴を持っているサービス。友人との理由が中心で実名が必須となっているが、プライバシー保護なども配慮されており、コンテンツの公開レベルも細かく設定可能。

 なお、14日に行われたメンテナンスでは次の3点が変更された。

 まず、掲示板、アルバムの公開レベルのフォルダ別設定が可能となった。また、記事の公開レベル「会員だけに公開」を廃止し、「ゲストにも公開」「JO友だけに公開」「非公開」の3つに変更された。すでに作成されている記事の公開レベル設定は、「非公開」はホムピーオーナーのみ閲覧可能、「全ての記事がゲストにも公開/会員だけに公開」で作成されたフォルダは、ゲストにも公開に設定される。

 コメントはJOCOSO会員だけが投稿できるようになった。なお、足跡はゲストも投稿可能なので、初めて訪れる友人ともやりとりをすることが可能とのこと。

 NeoWiz Japanは今後、JOCOSOはPC向けだけでなくケータイ向けサービスへも順次拡張していく予定だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ