ニュース
» 2005年02月15日 18時54分 公開

ソフォス、未知のウイルス検出機能を強化したウイルス対策ソフト

ソフォスは、大・中規模企業向けのウイルス対策ソフト「ソフォスエンタープライズソリューション」を発表した。

[ITmedia]

 ソフォスは2月15日、大・中規模企業向けのウイルス対策ソフト「ソフォスエンタープライズソリューション」を発表した。2月下旬から順次提供する。

 同ソリューションは、(1)新集中管理コンソール「Sophos Enterprise Console」、(2)ウイルス対策ソフト「Sophos Anti-Virus」、Exchange向けウイルス・スパム対策ソフト「Sophos PureMessage for Windows/Exchange」、(3)メールゲートウェイ用ウイルス対策ソフト「Sophos MailMonitor for SMTP」および、(4)Sophos Anti-Virusの最新版の自動アップデートツール「Sophos EM Library」、(5)サードパーティ用APIの「SAV Interface」などで構成される。

 今回新しくなった管理コンソールSophos Enterprise Consoleでは、WindowsとMacintoshに対する定義ファイルの一括配布でき、ネットワーク全体にウイルス対策のセキュリティポリシーを適用できるほか、統合レポーティング機能などを備えた。例外管理機能では、ウイルス対策ソフトが導入されていなかったり、アップデートされていないコンピュータを割り出すことも可能だ。

 Sophos Anti-VirusおよびSophos PureMessage for Windows/Exchangでは、未知のウイルスに対する検出技術が強化され、ウイスルの亜種やスパムによく見られる特徴を持つ怪しいコードを特定して、防御する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ