速報
» 2005年02月18日 08時32分 公開

Lexusが安全宣言――Cabirワームに感染しないことが判明

トヨタの高級車販売会社Lexusは、同社の車載コンピュータがCabirワームに感染する可能性を否定した。

[ITmedia]

 トヨタ自動車の高級車販売会社Lexusは、同社の車載コンピュータがCabirワームに感染する可能性を否定した。

 セキュリティ対策企業のF-SecureはLexusにこの件を問い合わせしていたが、2月17日に回答が得られたとして、自社のBlogにその内容を掲載した。

 Lexusからの回答によれば、同社の車が感染しない根拠は2点。まず、LexusとToyotaの車載ナビゲーションシステムに使われている組み込みOSはSymbian OSではなく、独自のものであること。そして、車載システムのBluetoothは、Bluetooth携帯の電話帳をコピーするObject Push Protocolをサポートしているが、オペレーターがコントロールするイベントであり、データがナビゲーションシステムから外部にコピーされることはない。

 結論としては、Cabirワームに感染したデバイスは、Bluetooth経由で自分自身をLexusにコピーしようとし、Lexusにエラーメッセージを出させるが、感染はしない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -