ニュース
» 2005年03月01日 23時05分 公開

ブログ人、スパム対応策を明らかに

Blogサービス「ブログ人」は、トラックバック・コメントスパム行為への対処策と今後の方針、及びコメント機能の不具合解消についてを発表した。

[ITmedia]

 Blogサービス「ブログ人」は、比較的ひんぱんに発生しているトラックバックやコメントを無関係な記事に大量に送付する迷惑行為(トラックバック、コメントスパム)への現在までの対処策と今後の方針、及びコメント機能の不具合の解消についてを発表した。

 トラックバックとコメントスパムに対しては、現在のところユーザーニーズによるフィルタリング機能を提供しており、機能をオンにした場合に最新の迷惑行為リストに基づくフィルタリングを行っている(2004年12月3日2月3日既報)。

 ただしトラックバックスパムに対しては現在、設備への負荷を高める原因となっており、サービス提供に影響を与える可能性があるとの判断からすべてのユーザーに対しフィルタリング機能を適用しているという。今後も、サービス提供上の判断によるコメントとトラックバックの利用停止を行う場合があり、サービス約款上にも第18条4項に明記したとのこと。

 フィルタリングの対象は随時更新されているが、未知のサイトからのトラックバックとコメントは、フィルタを通過してしまう場合がある。その場合はこれまで同様、ユーザー自身で削除してほしいとしている。

 今後の対応としては、現在のコメントの管理と同様のトラックバック管理機能をバージョンアップで提供する予定。また、Googleなどによって提唱されているnofollowタグ機能の導入もするという(1月15日既報関連記事)。今後は、これらスパム行為などの迷惑行為を禁止する手だてを、関連各社と連携して検討していくとのこと。

 また、コメント機能の不具合に関しては、コメント記入時に用いる「コメントを書く」欄の右上上部に設置してある「この情報を登録する」にチェックしても情報が正しく表示されない場合がある不具合の修正が行われた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ