ニュース
» 2005年04月13日 18時40分 公開

ノキア、最大1.5Gbpsに対応するキャリアクラスのIPSec VPNゲートウェイ

ノキア・ジャパンは、最大1.5Gbpsのスループットを実現するキャリアクラスのIPSec VPN製品「Nokia 500i」を発表した。

[ITmedia]

 ノキア・ジャパンは4月13日、ビジネス・モビリティの実現を念頭においたIPSec VPN製品「Nokia VPNシリーズ」の新製品、「Nokia 500i」を発表した。

 Nokia VPNシリーズは、2005年1月にリリースされた新しいIPSec VPNゲートウェイ製品。セルフ・ラーニング/セルフ・ヒーリング機能を含んだ「Meta-Hop」技術により、障害が発生しても経路を確保し、ネットワークの可用性を確保する点が特徴だ。

 これまで同シリーズでは、小〜中規模のネットワークをターゲットにした4モデルが提供されてきた。これに対しNokia 500iは、最大1.5Gbpsのスループット、10万VPNトンネルをサポートするキャリアクラスの製品だ。ノキアは新モデルの追加により、小規模オフィスからキャリアクラスまでをカバーする幅広いラインナップを実現できるとしている。

 Nokia 500iの価格は718万6200円。4月中旬より出荷が開始される。

 なおノキアは同時期に、3DESやAES、SSL暗号化処理を高速化するアクセラレーションカード「Nokia Encryption Accelerator」の出荷も開始する予定だ。このカードはNokia 100i/500iに対応しており、価格は89万2500円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -