速報
» 2005年04月20日 12時29分 公開

Microsoft、延期していたアップデートサービスを6月投入へ

Microsoftはこれまで数回延期されていたパッチサービスMicrosoft Updateと企業向けパッチ管理ツールを6月に提供する。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 MicrosoftはパッチツールのWindows Server Update Services(WSUS)とパッチサービスのMicrosoft Update(MU)を6月に投入する。同社幹部が4月19日、明らかにした。WSUSとMUはこれまでに数回延期されている。

 WSUS、MUはどちらも2004年上半期に発表される予定だったが、これまでに数回、延期されている。Microsoftはその理由をWindows XP Service Pack 2に適合させるためと説明しており、今では2005年上半期に公開する目標であるとしている。

 MUは現行のWindows Updateサービスの後継となるべきもので、Windowsだけでなく、さまざまなMicrosoft製品全体のパッチをまとめて提供する。Windows Updateと同様にコンシューマーや中小企業が主なターゲットだ。

 Microsoftのエンタープライズマネジメント事業部担当コーポレート副社長のキリル・タタリノフ氏は「Windows Updateはあとわずか2カ月でMicrosoft Updateへと変わる。この製品は堅固そのものだ」と話している。

 MUをベースにしたWSUSも同時期に出荷される。Microsoftはオーランドで開催されるTechEdでMUとWSUSのローンチイベントを行うと推測されるが、同社の広報担当者はこの件について確証は持てないと述べた。

 WSUSは現行のSoftware Update Services(SUS)ツールを置き換えるもので、企業ユーザーのパッチ管理を行うため無償で提供されているツール。新バージョンではパッチ配布、状況報告、ネットワークの使用状況、管理機能の強化が施されているという。

 WSUSがリリースされて1カ月後には、MicrosoftではSystems Management Server(SMS) 2003のアップデートをリリースする計画だ。これにはMUとWSUSのスキャニングエンジンが搭載されている。

 現在ではWindows Update、SMS、MSのBaseline Security Analyzerでのパッチ検索で異なる結果が出てくることがあるが、新エンジンの搭載により、この問題は解消される予定だという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -