速報
» 2005年04月21日 08時13分 公開

AOL、フィッシングサイトへのアクセス遮断

米AOLはセキュリティ企業と提携してフィッシング詐欺から会員を守る措置を講じる。

[ITmedia]

 米America Online(AOL)は4月20日、会員をフィッシング詐欺から守るため、セキュリティ企業のCyotaと提携してフィッシングの疑いがあるサイトへのアクセス遮断措置を講じると発表した。

 フィッシング詐欺は、銀行などからの公式メールを装った詐欺メールと偽サイトを使って、ユーザーから口座番号やパスワードなどを盗む手口。AOLでは、金融機関に詐欺対策を提供しているCyotaと組んで、こうした詐欺に使われている疑いのあるサイトへのアクセスを24時間態勢で監視する。

 会員からは「Report Spam」ボタンなどを通じてフィッシングの疑いがあるサイトを報告してもらい、詐欺的サイトが発見されればアクセスを制限、会員がそのサイトを訪れようとした場合には、危険なサイトかもしれないと告知する。

 AOLは社内およびCyota以外のパートナーとも協力してフィッシングサイトの発見と遮断に努める方針。また、詐欺被害を食い止めるための各種ツールなどを会員向けに提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -