速報
» 2005年07月06日 08時15分 公開

米金融業界団体、なりすまし被害情報をFTCに提供

金融サービス業界が組織する非営利団体ITACは捜査に役立てるため、なりすまし被害者情報をFTCに提供すると発表した。

[ITmedia]

 なりすまし被害者の救済支援に当たっている非営利組織Identity Theft Assistance Center(ITAC)は7月5日、なりすまし被害について同センターに寄せられた情報を米連邦取引委員会(FTC)に提供すると発表した。捜査機関による犯人摘発に役立ててもらう狙い。

 ITACは米国の金融大手など48社で組織。これまでは銀行やクレジットカード発行会社などが個別に情報を捜査機関に提供していたが、今回初めて金融サービス業界で情報を取りまとめてFTCに提供。FTCではこの情報をデータベースに取り入れて、連邦や各州の司法当局が捜査に利用できるようにする。

 FTCのこのデータベースは、米国とカナダの司法機関約1300で構成するネットワークを通じて提供。米連邦捜査局(FBI)、シークレットサービス、州と自治体の検察や警察などの捜査に活用されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -