ニュース
» 2005年07月14日 12時37分 公開

Microsoft Updateが正式スタート

マイクロソフトは、Windows OSに加え、Officeや主だったサーバ製品向けのセキュリティパッチを一括して提供する「Microsoft Update」の正式スタートを明らかにした。

[ITmedia]

 マイクロソフトは7月14日、Windows OSだけでなく、Officeやサーバ製品など、主だった同社製品のセキュリティパッチを一括して提供するサービス「Microsoft Update」の開始を正式に明らかにした。サービス自体は6月より動作が確認されていたが、マイクロソフト側から公式にアナウンスされたことになる。

 Microsoft Updateは、これまでWindows OSやInternet Explorer向けのパッチを提供してきた「Windows Update」の後継サービス。従来はOffice Updateを利用したり、ダウンロードセンターから個別に入手する必要のあったパッチについても、単一のWebサイトから入手できるようになる。これに、既に提供済みの自動更新機能を組み合わせることで、パッチの自動適用を継続的に行えるとしている。

 Microsoft Updateでは

  • Windows 2000/XP、Windows Server 2003
  • Office XP/Office 2003
  • Exchange 2000 Server/Exchange Server 2003
  • SQL Server 2000 SP4

および今後の後継製品向けのパッチが配布される。それ以外の製品については、個別にダウンロードして適用する必要がある。

 初めてMicrosoft Updateを利用する場合、これまでのように「スタートメニュー」やInternet Explorerの「ツール」からWindows Updateを選択するだけでは、従来のWindows Updateにアクセスすることになる。Windows Updateの画面にはMicrosoft Updateへのリンクが用意されており、これをクリックしてMicrosoft Updateを利用すると、以後はこれらのメニューから直接、Microsoft Updateにアクセスするようになる。

 なおMicrosoft Updateの利用に当たっては、Windows Genuine Advantage プログラム」によるライセンスの確認が必要という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -