ニュース
» 2005年07月14日 22時44分 公開

今のところトラブルなし――パターンファイル日次更新を再開したトレンドマイクロ

トレンドマイクロは7月11日より、パターンファイルの日次更新を再開した。今のところ特にトラブルは報告されていないという。

[小林哲雄,ITmedia]

 トレンドマイクロは7月4日にアナウンスしたとおり、7月11日より、日本時間で平日月曜日〜金曜日まで、日次のパターンファイル更新を開始した。すでに4日が経過しているが、事前アナウンスどおりのファイル提供がなされていることが確認できている。

 トレンドマイクロでは「技術的/人的/物理的/時間といった観点からウイルスパターンファイルの品質基準について定義付けを行ったほか、その品質基準を満たしたうえ、ウイルスパターン配信プロセスの徹底、人員配置や各工程に要する時間の確保などを通じて品質管理の明確化を行った」(同社広報)という。今のところ、日次更新に起因するトラブルなどは報告されておらず、引き続き「品質面ならびに提供スピードにおいてより良いサービスを提供できるよう注力していきたい」としている。

パターンファイルのバージョン 日付 追加数 理由
2.711.00 07/01 12:36 56 Regular Release
2.713.00 07/04 12:23 118 Regular Release
2.715.00 07/05 05:18 31 New Malware Threat
2.717.00 07/06 12:29 71 Regular Release
2.719.00 07/08 02:58 174 New Malware Threat
2.721.00 07/11 12:39 177 Regular Release
2.723.00 07/12 12:28 75 Regular Release
2.725.00 07/13 00:10 48 New Malware Threat
7月のパターンファイル更新タイミングとその理由(7月13日午前0時30分現在)

 今月に入ってからは緊急リリースの回数は減っているようだが、パターン更新による対応マルウェア数は相変わらず多い。パターンファイル自身の欠陥によるトラブルさえなければ、ウイルス対策ソフトのパターン更新は確実に行うことがマルウェア対策の基本といえるだろう。

 なお、通常リリースの場合、パターンファイルは日本時間でいう昼休み前後にアップロードされるケースが多く、その時間も比較的そろいつつあるようだ。以前は16時ごろに通常リリースが出ている場合もあり、提供される時間がややマチマチという印象だったが、ここ1カ月ほどのリリース時間をチェックする限り、通常リリースはほぼ12時台に行われている。13時以降にずれ込んだケースは3例しかない。

 ただし、緊急リリースが重なると時間帯は若干ずれるようだ。7月13日には14時20分に正規リリースが行われた。

 過去のパターン提供状況を見ると、1日に3回もパターンを更新し、提供した日もあった。いつ出てくるか分からないマルウェアを相手にしている以上、「定時のアップデート」となるとなかなか困難だといえるだろう。

 エバ・チェンCEOの「従来よりは強固な体制が築けたと思う」という発言に評価を下すにはまだ早いが、このように通常リリースの時間がそろってきていることをみると、パターン提供体系のチェック体制強化によって、作業がよりシステマティックに行われていることの証しとみなすこともできるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -