速報
» 2005年09月24日 07時34分 公開

Oracle決算、データベースが伸び悩み

Oracleの6〜8月期決算は、売上高は前年同期比で大幅増だが、純利益は微増にとどまった。

[ITmedia]

 米Oracleが9月22日発表した同社第1四半期(6〜8月期)決算は、売上高が前年同期比25%増の27億7000万ドル、純利益は5億1900万ドル(1株当たり10セント)となった。前年同期の純利益は5億900万ドル(同10セント)だった。

 ソフト収入は23%増えて21億3000万ドル。データベースとミドルウェアの新規ライセンス収入は4億9200万ドルで1%増にとどまった。アプリケーションの新規ランセンス収入は84%増の1億2700万ドル、サービス収入は34%増の6億3700万ドル。

 グレッグ・マフェイ社長兼CFOは「今四半期はPeopleSoftの合併成功に支えられ、アプリケーションの業績が特に好調だった」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -