速報
» 2005年09月28日 08時07分 公開

JBossとMicrosoft、相互運用強化で協力

JBossとMicrosoftは、Windows ServerでJBossを使っている顧客の使い勝手向上を目的に相互運用強化を図る。

[ITmedia]

 オープンソースベンダーの米JBossとMicrosoftが9月27日、JBoss Enterprise Middleware System(JEMS)とMicrosoft Windows Serverの相互運用強化、およびJBossによるWindows Serverのサポート強化を模索する計画だと発表した。

 両社は今後も競争を続けるが、Windows ServerでJBossを使っている顧客の使い勝手向上を目指し、豊富な機能の提供と親和性強化を図る意向だとしている。

 具体的には以下の分野で協力して取り組む方針。

  • Microsoft Active Directory:サインオンの統合と連携型ID
  • Webサービス:「WS-」仕様のWebサービスアーキテクチャを使った相互運用
  • Management:Microsoft Operations Manager向けのマネージメントパック
  • SQL Server:JBossのオブジェクト/リレーショナルマッピング技術「Hibernate」および「Enterprise JavaBeans 3.0」向けにパフォーマンスを最適化

 JBossはMicrosoftとの提携について、「顧客の半分近くがWindows ServerでJEMSを導入している現状を踏まえ、相互の顧客のために可能な限り最良の体験を提供するのは理にかなっている」(ショーン・コノリー製品管理担当副社長)と説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -