速報
» 2005年10月20日 08時43分 公開

ボブ・ヤング氏、Red Hatに決別

Red Hatの共同創業者で元CEOのボブ・ヤング氏が取締役を辞任する。今後は独立系オンライン出版マーケットプレイスのLulu.comに専念する意向。

[ITmedia]

 米Red Hatは10月18日、共同創業者で元CEOのボブ・ヤング氏が取締役辞任を決めたと発表した。

 ヤング氏は1993年にRed Hatを創業。1999年までCEOを務め、その後は取締役に退いていた。今後は2002年に立ち上げた独立系オンライン出版マーケットプレイスのLulu.comに専念する意向だという。

 ヤング氏は「おかしな意味で、私の辞任は恐らく、私が現在Red Hatの関係者すべてに捧げられる最高の賛辞になるだろう。この会社の未来には絶対的な信頼を持っている」との談話を発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -